2006年04月27日

試験勉強(1B-34)環境保全計画

問 建設工事に伴う環境保全計画に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)施工中に発生する公害の防止対策は,事前に公害問題の予測をし,その対応策を検討しておく必要がある。

(2)環境問題対策は,騒音,振動,大気汚染,水質汚染,土壌汚染等の公害問題だけでなく,近隣環境への影響等も含まれる。

(3)環境問題対策については,地元住民とのコミュニケーションをはかり,工事説明会を開き,工事内容の理解を求めることが大切である。

(4)個々の公害現象については,法令によって基準が定められ,その基準値をクリアする技術もほぼ確立されているので,着工前と工事開始後の対比測定データをそろえる必要はない。






答えはこちら


2006年04月28日

試験勉強(1B-35)建設リサイクル法

問 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)において,分別解体等の実施が義務付けられている建設工事の規模基準のうち誤っているものは次のうちどれか。


(1)建築物の解体工事の場合は,床面積の合計が80平方メートル以上であるもの。

(2)建築物の新築・増築工事の場合は,床面積の合計が500平方メートル以上であるもの。

(3)建築物の修繕・模様替等の工事については,その請負代金の額が1億円以上であるもの。

(4)建築物以外のものに係る解体工事又は新築工事等については,その請負代金の額が1,000万円以上であるもの。






答えはこちら

2007年11月16日

試験勉強(2B-34)グリーン購入法

問 国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)では,環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築を図ることを目的として,必要な事項を定めることとなっている事柄で,次のうち該当しないものはどれか。


(1)国等による環境物品等の調達の推進

(2)環境物品等に関する情報の提供

(3)すべての事業者への環境物品等の調達の義務付け

(4)環境物品等への需要の転換の促進






答えはこちら

2007年11月20日

試験勉強(2B-35)建設リサイクル法

問 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)の特定建設資材に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。


(1)解体工事業を営もうとする者は,必ず当該業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければ施工できない。

(2)対象建設工事の発注者又は自主施工者は,工事に着手する日の7日前までに,当該工事を都道府県知事に届け出なければならない。

(3)対象建設工事の受注者は,原則として,分別解体等の実施が義務付けられている。

(4)分別解体等が義務付けられるのは,特定建設資材を使用し,かつ,規模が基準以上の建設工事に限られる。






答えはこちら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。