2006年01月27日

試験勉強(1A-27)路体盛土

問 道路の路体盛土の施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)施工中の締固め後の盛土表面は,自然排水勾配を確保するために4%程度の横断勾配をつけ,雨水の滞水や浸透などが生じないよう表面を平滑にする。

(2)盛土の敷均し厚さは,盛土材料の粒度,土質,締固め機械と施工法などの条件に左右される。一般的には路体では一層の締固め後の仕上り厚さを30cm以下とする。

(3)破砕岩や岩塊・玉石などの多く混じった土砂は,敷均し・締固め作業が困難で,盛土としてできあがった場合には安定性が低い。

(4)良好な締固め施工を行った場合,道路の供用後に生じる圧縮量は盛土高に対して少量であり,比較的早期に沈下が終わるのが普通である。






答えはこちら


posted by 土木屋 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年01月28日

試験勉強(1A-28)上層路盤

問 道路の上層路盤の施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)瀝青安定処理路盤の施工方法には,一層の仕上り厚が10cm以下の「一般工法」とそれを超える「シックリフト工法」とがある。

(2)セメント・瀝青安定処理工法に用いるセメントは,セメント安定処理と同様のものを用い,瀝青材料は,ノニオン系の石油アスファルト乳剤(MN-1)を用いる。

(3)セメント安定処理路盤材は,一般に中央混合方式で製造し,路盤材の締固めは硬化が始まってから締固めを開始する。

(4)粒度調整路盤材の一層の仕上り厚は,15cm以下を標準とするが振動ローラを使用する場合は,上限を20cmとすることができる。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年01月29日

試験勉強(1A-29)タックコート

問 道路のアスファルト舗装に使用するタックコートの施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)瀝青安定処理を除く路盤は,施工後降雨による洗掘や表面水の浸透防止,及び加熱アスファルト混合物層とのなじみをよくするためにタックコートを施す。

(2)通常使用する材料は,アスファルト乳剤(PK-4)を用いる。散布量は一般に0.3〜0.6L/m2が標準で均一に散布し養生する。

(3)開粒度アスファルト混合物や改質アスファルト混合物を使用する場合などにおいて,層間接着力を特に高める必要がある場合には,ゴム入りアスファルト乳剤(PKR-T)を用いることもある。

(4)寒冷期の施工や急速施工の場合,瀝青材料散布後の養生時間を短縮するために,アスファルト乳剤の所定散布量を2回に分けて散布する方法もある。





答えはこちら
posted by 土木屋 at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年01月30日

試験勉強(1A-30)アスファルト舗装

問 道路のアスファルト舗装の施工に関する次の記述のうち適当なものはどれか。


(1)転圧終了後の交通開放時の舗装表面温度は,舗装の初期のわだち掘れに大きく影響するので60℃以下となってから開放する。

(2)混合物は,敷均し終了後所定の密度が得られるように締固めを行い,転圧作業は,初転圧,継目転圧,二次転圧及び仕上げ転圧の順序で行う。

(3)継目は,舗装の弱点となりやすいのであらかじめ設置する位置を定めておき,上下層の継目が重なるように設ける。

(4)混合物の敷均し作業中に雨が降り始めた場合には,敷均し作業を中止するとともに敷均した混合物をすみやかに締固めて仕上げる。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 19:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年01月31日

試験勉強(1A-31)As舗装の補修工法

問 道路のアスファルト舗装の補修工法に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)橋面舗装の補修工法は,維持においてはパッチング,段差すりつけなどが,修繕においては主としてオーバーレイ工法が用いられる。

(2)流動によるわだち掘れが大きい場合は,その原因となっている層を除去する表層・基層打換え工法等を選定する。

(3)切削工法は,路面の凸部等を切削除去し,不陸や段差を解消する工法で,オーバーレイ工法や表面処理工法の事前処理として行われることも多い。

(4)表面処理工法は,既設舗装の上に,加熱アスファルト混合物以外の材料を用いて3cm未満の封かん層を設ける工法である。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 19:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年02月01日

試験勉強(1A-32)コンクリート舗装

問 道路のコンクリート舗装におけるコンクリート版の特徴及び工法に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)転圧コンクリート版は,単位水量の少ない硬練りコンクリートを使用するもので,一般に横収縮目地,膨張目地にはダウエルバーを用いるが縦目地にはタイバーを使用しない。

(2)連続鉄筋コンクリート版は,横収縮目地は全く設けない構造で,これによって発生する横ひび割れを連続した縦方向鉄筋で分散させるものである。

(3)転圧コンクリート版の施工に用いられる転圧工法は,高い締固め能力を有する強化型スクリードなどを備えた舗設機械によって敷均し,振動ローラ等により締固める舗設方法である。

(4)連続鉄筋コンクリート版の施工に用いられるスリップフォーム工法は,型枠を設置せずに専用のスリップフォームペーバを用いて舗設する方法である。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年08月19日

試験勉強(2A-27)路床

問 道路のアスファルト舗装における路床の施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)切土路床が粘性土や高含水比土の場合,施工に際してこねかえしや過転圧にならないように留意する。

(2)盛土路床施工後の降雨排水対策として,縁部に仮排水溝を設けておくことが望ましい。

(3)路床の安定処理は,砂質土には石灰,粘性土に対してはセメントを使用する。

(4)安定処理に粒状の生石灰を用いる場合には,1回目の混合が終了したのち仮転圧して放置し,生石灰の消化を待ってから再び混合する。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年08月21日

試験勉強(2A-28)下層路盤

問 道路のアスファルト舗装における下層路盤の施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)一般に粒状路盤材の敷均しは,モータグレーダで行い,転圧は10〜12tのロードローラと8〜20tのタイヤローラで行う。

(2)粒状路盤材が転圧前に降雨などにより著しく水を含み締固めが困難な場合には,晴天を待って曝気乾燥を行う。

(3)アスファルトコンクリート再生骨材を多く含む再生路盤材は,締固めにくい傾向があるのでローラの選択などに注意する。

(4)セメントコンクリート再生骨材を多く含む再生路盤材は,含水比の変化に対して締固め度の変化が鋭敏なので最適含水比よりも乾燥側で使用する。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年08月22日

試験勉強(2A-29)プライムコート

問 道路のアスファルト舗装におけるプライムコートの施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)プライムコートは,散布時に路盤の表面が適度に湿っているほうが路盤への浸透がよい。

(2)瀝青材料が路盤に浸透せず厚い被膜を作った場合には,上層の施工時にブリージング等を起こすので石灰を散布し吸収させる。

(3)上層を施工する前にやむを得ず交通開放する場合には,瀝青材料の車輪への付着を防止するため砂を散布するとよい。

(4)プライムコートに用いるアスファルト乳剤(PK-3)は,標準散布量の範囲で,路盤面が緻密な場合は少なめに,粗な場合は多めに用いられることがある。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

2006年08月29日

試験勉強(2A-30)アスファルト舗装

問 道路のアスファルト舗装の施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)交通開放時の舗装の温度は,初期のわだち掘れに大きく影響するので表面の温度は概ね50℃以下とする。

(2)振動ローラによって混合物を転圧するときは,転圧速度が速すぎると不陸や小波が発生したり,遅すぎると過転圧になることもあるので注意する。

(3)横継目の仕上りの良否は,走行性に直接影響するので平坦に仕上げるよう注意する。

(4)締固め作業は,一般に初転圧,二次転圧,継目転圧,仕上げ転圧の順序で行う。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 道路・舗装

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。