2007年08月15日

試験勉強(2B-16)公衆災害防止対策要綱

問 建設工事公衆災害防止対策要綱に定められている交通対策に関する次の記述のうち正しいものはどれか。


(1)道路上に高さの高い工事用機械類を設置しておく場合は,それらを白色照明灯で照明し,それらの所在が容易に確認できるようにすること。

(2)道路上で夜間施工する場合の保安灯の設置間隔は,交通流に対面する部分では2メートル程度,その他の道路に面する部分では4メートル以下とし,囲いの角の部分では設置を省略することができる。

(3)工事用の道路標識,標示板等は,周囲の地盤面から高さ0.8メートル以上2.5メートル以下の範囲以内に設けること。

(4)工事のために道路の車線を1車線として,それを往復の交互交通の用に供する場合は,その制限区間をできるだけ長くすること。






答えは 









人気blogランキング

posted by 土木屋 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過去問 : 安全管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 地盤地盤とは、橋脚、建物等の構築物の基礎を支える地面のことを言う。地震の際には、地盤のやわらかいところは、かたいところよりも震度が大きくなることが明らかにされている。新潟県中越地震は比較的地盤のかたい..
Weblog: 災害を知るHP
Tracked: 2007-09-13 19:37

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。