2007年06月17日

試験勉強(2B-8)施工体制台帳

問 建設業法に定められている施工体制台帳に関する次の記述のうち適当なものはどれか。


(1)施工体制台帳を作成する特定建設業者は,当該建設工事に係わるすべての建設業者名,技術者名を記載し工事現場における施工体系図を作成し,これを当該工事現場の見やすいところに掲げなければならない。

(2)二次下請である会社から建設工事を請け負った下請負人は,再下請けをする場合に再下請負通知書を提出する必要はない。

(3)発注者から直接建設工事を請け負った一般建設業者は,総額3,000万円以上の下請契約を締結する場合は,施工体制台帳を作成しなければならない。

(4)施工体制台帳を作成する特定建設業者は,下請負人から再下請負通知書の記載事項に変更が生じ変更年月日を付記した通知書を受け取れば,施工体制台帳を修正する必要はない。






答えは 












人気blogランキング

posted by 土木屋 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 施工計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。