2007年06月13日

試験勉強(2B-7)仮設備

問 仮設備に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)使用する材料は,一般の市販品を使用して可能な限り規格を統一し,また,他工事にも転用できるように計画する。

(2)仮設構造物は使用期間が長期のものや重要度の大きいもの以外は,通常は安全率を多少割引いて設計することがある。

(3)任意仮設は,発注者からの規制はなく,請負者独自の考えで,合理的な仮設備とすることができる。

(4)すべての土木工事の仮設備は,「建設工事公衆災害防止対策要綱」が適用される。






答えは 


「建設工事公衆災害防止対策要綱」は公衆に係わる区域で施工する土木工事に適用する。
したがって「すべての土木工事」に適用されるわけではない。









人気blogランキング

posted by 土木屋 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 施工計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。