2006年09月18日

試験勉強(2A-33)コンクリートダム

問 コンクリートダムの施工に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)堤体コンクリートの打込み方式には,ダム軸に平行方向の縦継目と直角方向の横継目で分割するレヤー方式と横継目だけを設けるブロック方式とがある。

(2)グリーンカットは,コンクリートの配合などにより開始の時期が異なり,あまり早期に行うと骨材をゆるめ,余分にコンクリートを取除くおそれがある。

(3)リフト高は,コンクリートの自然熱放散,打設工程,打継面の処理等を考慮して決定する。

(4)コンクリート打設前の基礎岩盤上の湧水は,その量が少なく圧力が小さい場合には,速硬性のセメントや急結剤等で止水する。






答えは 


縦横の継目を設け分割して打設するのがブロック方式,横継目だけを設けるのはレヤー方式。










人気blogランキング

posted by 土木屋 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : ダム・トンネル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。