2006年04月28日

試験勉強(1B-35)建設リサイクル法

問 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)において,分別解体等の実施が義務付けられている建設工事の規模基準のうち誤っているものは次のうちどれか。


(1)建築物の解体工事の場合は,床面積の合計が80平方メートル以上であるもの。

(2)建築物の新築・増築工事の場合は,床面積の合計が500平方メートル以上であるもの。

(3)建築物の修繕・模様替等の工事については,その請負代金の額が1億円以上であるもの。

(4)建築物以外のものに係る解体工事又は新築工事等については,その請負代金の額が1,000万円以上であるもの。






答えは 


1,000万円以上ではなく500万円以上。









人気blogランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。