2006年04月27日

試験勉強(1B-34)環境保全計画

問 建設工事に伴う環境保全計画に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)施工中に発生する公害の防止対策は,事前に公害問題の予測をし,その対応策を検討しておく必要がある。

(2)環境問題対策は,騒音,振動,大気汚染,水質汚染,土壌汚染等の公害問題だけでなく,近隣環境への影響等も含まれる。

(3)環境問題対策については,地元住民とのコミュニケーションをはかり,工事説明会を開き,工事内容の理解を求めることが大切である。

(4)個々の公害現象については,法令によって基準が定められ,その基準値をクリアする技術もほぼ確立されているので,着工前と工事開始後の対比測定データをそろえる必要はない。






答えは 


着工前と工事開始後の対比測定データをそろえておく必要がある。









人気blogランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。