2005年12月28日

試験勉強(1A-2)土量変化率

問 1,400m3の盛土の施工にあたり現場内の発生土(粘性土)から1,200m3(ほぐし土量)を流用し,不足分は土取場(砂質土)から採取し運搬する場合の運搬土量(ほぐし土量)は次のうちどれか。
ただし,粘性土の変化率 L = 1.20 ,C = 0.95
    砂質土の変化率 L = 1.20 ,C = 0.90 とする。


(1) 320m3

(2) 400m3

(3) 600m3

(4) 680m3






答えは 


土量変化率
 L = ほぐした土量 / 地山の土量
 C = 締め固めた土量 / 地山の土量

したがって現場内の発生土(粘性土)で盛土できる土量は
 1,200 / 1.20 X 0.95 = 950m3(締め固めた土量)

不足土量は
 1,400 - 950 = 450m3(締め固めた土量)

土取場(砂質土)から採取し運搬する場合の運搬土量は
 450 / 0.90 X 1.20 = 600m3(ほぐし土量)










人気blogランキング

posted by 土木屋 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 土工
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。