2009年01月25日

試験勉強(3A-52)労働安全衛生法

問 労働安全衛生法で,労働者に安全又は衛生のための特別の教育をしなければならないと定めている業務として,次のうちこれに該当しないものはどれか。


(1)アーク溶接機を用いて行う金属の溶接,溶断等の業務

(2)土止め支保工の切りばり又は腹おこしの取りはずしの業務

(3)ずい道の掘削の作業又はこれに伴うずい道内部におけるずりの運搬の業務

(4)つり上げ荷重が5トン未満のデリックの運転の業務






答えはこちら


posted by 土木屋 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過去問 : 法規

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。