2009年01月07日

試験勉強(3A-49)薬液注入工法

問 薬液注入に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)注入管設置時のボーリング等による既設埋設物の損傷を避けるためには,埋設物をできる限り露出させて位置を確認したり埋設物や注入管の位置を地上に明確に示す必要がある。

(2)現場試験工事等の結果から目安となる注入速度を設定し,薬液は注入圧力に関係なく初期段階から一定した速度を保ちながら注入する。

(3)ゲルタイムの設定は,薬液のうち硬化剤,助剤の量の増減により行うが,水温,水質等によりその量は一義的には定まらないため,その都度現場で確認しながら行う。

(4)注入量が500kL以上の大規模工事では,プラントの水ガラス原液貯液槽から薬液ミキサーまでの間に流量積算計を設置し,水ガラス原液の使用量を管理する。






答えはこちら


2009年01月18日

試験勉強(3A-50)労働基準法

問 労働基準法に定められている労働契約に関する次の記述のうち正しいものはどれか。


(1)使用者は,日日雇い入れられる者を1箇月を超えて引き続き使用するに至った場合に解雇しようとするときは,少くとも30日前に予告をしなければならない。

(2)使用者は,前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺することができる。

(3)使用者は,労働者の死亡の場合において,権利者の請求があった場合には,14日以内に賃金を支払わなければならない。

(4)親権者は,未成年者に代って労働契約を締結することができる。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 法規

2009年01月23日

試験勉強(3A-51)労働基準法

問 労働基準法に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。


(1)現場の主任技術者は,所属会社に雇われる身であり,労働基準法上の使用者には該当しない。

(2)使用者は,労働者が業務上負傷し,又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間は,解雇してはならない。

(3)使用者は,寄宿舎規則の作成又は変更については,寄宿舎に寄宿する労働者の過半数を代表する者の同意を得なければならない。

(4)労働契約は,期間の定めのないものを除いて,原則として3年を超える期間について締結してはならない。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 法規

2009年01月25日

試験勉強(3A-52)労働安全衛生法

問 労働安全衛生法で,労働者に安全又は衛生のための特別の教育をしなければならないと定めている業務として,次のうちこれに該当しないものはどれか。


(1)アーク溶接機を用いて行う金属の溶接,溶断等の業務

(2)土止め支保工の切りばり又は腹おこしの取りはずしの業務

(3)ずい道の掘削の作業又はこれに伴うずい道内部におけるずりの運搬の業務

(4)つり上げ荷重が5トン未満のデリックの運転の業務






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過去問 : 法規

2009年01月27日

試験勉強(3A-53)労働安全衛生法

問 労働安全衛生法に定められている特定元方事業者が選任する統括安全衛生責任者に統括管理させなければならない事項として,これに該当しないものは次のうちどれか。


(1)安全衛生責任者を選任すること

(2)関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うこと

(3)作業間の連絡及び調整を行うこと

(4)協議組織の設置及び運営を行うこと






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 法規

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。