2008年09月03日

試験勉強(3A-42)近接工事の保安対策

問 鉄道(在来線)の営業線及びこれに近接して工事を施工する場合の保安対策に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。


(1)線路上で保守用車を運転する工事従事者は,保守用車運転に関する事故防止教育を受講していなければならない。

(2)工事管理者等は作業現場ごとに,日々の工事内容等について保安打合せ票を作成し,監督員等と打合せを行なった後,保安打合せ票を監督員等に提出する。

(3)使用していない工事用重機械等は,列車の運転保安及び旅客公衆に対し,安全な場所に留置して鎖錠し,鍵は重機械運転者が保管する。

(4)列車の振動,風圧等によって,不安定,危険な状態になるおそれのある工事は,列車の接近時から通過時までの間,一時施工を中止する。






答えはこちら


posted by 土木屋 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 鉄道・鋼橋塗装

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。