2007年08月15日

試験勉強(2B-16)公衆災害防止対策要綱

問 建設工事公衆災害防止対策要綱に定められている交通対策に関する次の記述のうち正しいものはどれか。


(1)道路上に高さの高い工事用機械類を設置しておく場合は,それらを白色照明灯で照明し,それらの所在が容易に確認できるようにすること。

(2)道路上で夜間施工する場合の保安灯の設置間隔は,交通流に対面する部分では2メートル程度,その他の道路に面する部分では4メートル以下とし,囲いの角の部分では設置を省略することができる。

(3)工事用の道路標識,標示板等は,周囲の地盤面から高さ0.8メートル以上2.5メートル以下の範囲以内に設けること。

(4)工事のために道路の車線を1車線として,それを往復の交互交通の用に供する場合は,その制限区間をできるだけ長くすること。






答えはこちら


posted by 土木屋 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過去問 : 安全管理

2007年08月16日

試験勉強(2B-17)ワイヤロープ

問 労働安全衛生規則に定められているくい打機の巻上げ用ワイヤロープとして,使用してはならないものは次のうちどれか。


(1)継目のないワイヤロープ

(2)ワイヤロープの直径の減少が公称径の10パーセントのもの

(3)キンクしていないワイヤロープ

(4)ワイヤロープひとよりの間において素線(フイラ線を除く)の数の7パーセントの素線が切断しているもの






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 安全管理

2007年08月20日

試験勉強(2B-18)作業主任者

問 労働安全衛生法に定められている作業主任者の資格として,免許を受けた者でなければならないものは次のうちどれか。


(1)ずい道等の掘削等作業主任者

(2)足場の組立て等作業主任者

(3)高圧室内作業主任者

(4)地山の掘削作業主任者






答えはこちら
posted by 土木屋 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 安全管理

2007年08月21日

試験勉強(2B-19)型枠支保工

問 労働安全衛生規則に定められている型わく支保工の安全に関する次の記述のうち正しいものはどれか。


(1)型わく支保工の組立て等作業主任者は,型わく支保工の組立て等作業主任者の免許を受けた者のうちから,選任しなければならない。

(2)木材を継いで支柱として用いるときは,1個以上の添え物を用いて継がなければならない。

(3)パイプサポートを継いで用いるときは,4以上のボルト又は専用の金具を用いて継がなければならない。

(4)支柱の継手は,重合せ継手とし,差込み継手は用いてはならない。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 安全管理

2007年08月26日

試験勉強(2B-20)土止め支保工

問 労働安全衛生規則に定められている土止め支保工の安全に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。


(1)土止め支保工を設けたときは,その後14日をこえない期間ごと及び中震以上の地震の後に土止め支保工を点検しなければならない。

(2)切りばり又は火打ちの接続部及び切りばりと切りばりとの交さ部は,当て板をあててボルトにより緊結し,溶接により接合する等の方法により堅固なものとすること。

(3)土止め支保工の材料,器具又は工具を上げ,又はおろすときは,つり綱,つり袋等を労働者に使用させること。

(4)土止め支保工を組み立てるときは,あらかじめ組立図を作成し,当該組立図により組み立てなければならない。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 安全管理

2007年08月27日

試験勉強(2B-21)足場の組立て

問 労働安全衛生規則に定められている足場の組立て等の安全に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。


(1)足場の緊結,取りはずし,受渡し等の作業にあっては,幅20センチメートル以上の足場板を設け,労働者に安全帯を使用させる等労働者の墜落による危険を防止するための措置を講ずること。

(2)床材(つり足場を除く。)は,転位し,又は脱落しないように2以上の支持物に取り付けること。

(3)足場の組立て,解体又は変更の時期,範囲及び順序を当該作業に従事する労働者に周知させること。

(4)墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には,高さ70センチメートル以上の手すりを設けること。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 安全管理

2007年08月29日

試験勉強(2B-22)クレーン等安全規則

問 クレーン等安全規則に定められている次の記述のうち誤っているものはどれか。


(1)クレーンを用いて作業を行うときは,その日の作業を開始する前に,ワイヤロープが通っている箇所の状態の点検を行わなければならない。

(2)つり上げ荷重が5トン未満のクレーンの運転業務に労働者を就かせるときは,当該業務に関する安全のための特別の教育を行わなければならない。

(3)クレーンの自主検査は,6月以内ごとに1回,定期的に行わなければならない。

(4)クレーンに定格荷重をこえる荷重をかけて使用してはならない。






答えはこちら
posted by 土木屋 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 : 安全管理

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。